ベビーシッター宅のリフォームポイント

ベビーシッター宅のリフォームポイント

自宅でベビーシッターをやってみたいという場合、いきなり自宅に子供を呼んできて保育ができるわけではありません。
よその子を預かるには、それなりに設備を整える必要があります。マンションの自宅を使う場合は保育園のような大掛かりなリフォームはできないかもしれませんが、一戸建てであれば大規模リフォームが可能なことも多いです。基本的にはベビーシッター1人に対して子供1人か、多くても2人が普通ですが、子供を安全に預かるには常に子供を守れる部屋にリフォームしておきましょう。
まず、2階などをキッズルームとして使うのであれば、階段のリフォームは必須です。



滑りにくく昇り降りしやすい家ならばいいですが、急な階段がついていて、手すりもなく下が木材で滑りやすいというのでは危険です。


この場合は、滑りにくいシートを敷いたり、子供用の手すりを設けたりするようにしましょう。できれば階段自体を変えたほうがいい場合もあります。

素敵なエキサイトニュースに対する期待が寄せられています。

できれば高い部屋は使わないで下の階を使うのが理想です。
また、床には絨毯ではなくコルクを使うのがオススメです。



コルクは吸湿性や防音性もあり、滑りにくい素材として優秀です。

また、絨毯のようにダニなどがくっつきにくいので、喘息やアレルギーの予防にもなります。また、手触りが良いのでハイハイの時期の赤ちゃんでにも気持ち良く歩かせてあげることができます。


ベビーシッター宅で保育をするときには、安全性をよく考えておきましょう。

  • 意外な真実

    • 開放的で保育がしやすい部屋にリフォームしたいならば、間取りを細かく区切らないようにしたほうがいいでしょう。ベビーシッター宅で保育をする場合、部屋の作りは重要です。...

      detail
  • 生活関係の情報

    • 自宅でよその子を預かる、というベビーシッター業務をするときには、事前にリフォームをしておいたほうが良い可能性が高いです。自分の子どもであればまだしも、預かっている子どもだと子どもがイタズラして招いたトラブルでも、何かあればこちらの責任になります。...

      detail
  • 生活コラム

    • ベビーシッターがお風呂をリフォームすると幼児がお風呂好きになる、壁を見ると気分転換できるなどの長所があります。お風呂の壁は時間が経つとタイルにひびが入ったり、黒く染まってきます。...

      detail
  • 情報分析

    • ベビーシッターが家をリフォームすると、預かっている幼児が喜んでくれます。例えば壁の色が劣化して黄ばんでいる、あるいは黒く染みになっていると、室内にいる幼児のほうも好ましいとは思わないはずです。...

      detail