ベビーシッター宅のリフォームポイント

  • ベビーシッターがお風呂をリフォームする長所と短所

    • ベビーシッターがお風呂をリフォームすると幼児がお風呂好きになる、壁を見ると気分転換できるなどの長所があります。


      お風呂の壁は時間が経つとタイルにひびが入ったり、黒く染まってきます。それを見た園児は汚いと判断したことから、次第にお風呂が嫌いになる場合があります。リフォームをすると、お風呂場の壁からひびが消えて色も以前のように白で統一されるため、幼児はお風呂に興味を抱くようになります。

      場合によっては、ベビーシッターの手を引いて、お風呂のほうへ指を差すこともあるかもしれないです。


      その時は、お風呂が好きになってきたサインなので、入れてあげると良い結果につながります。

      ベビーシッターが勢いに乗っています。

      また、ベビーシッター自身もお風呂の壁を見ると気分転換できるはずです。

      綺麗になると心も晴れてくるため、ストレス解消にも効果があります。



      短所はお風呂場の窓は汚れやすい、リフォームするのにお金がかかるなどです。

      お風呂場の窓はリフォームで新しいのに変えると、丈夫そうな囲いがついた硬くて綺麗な窓がつきます。

      ただ、すぐに汚れてしまうため、幼児がお風呂に入らなくなる理由になるので注意です。

      週に1度くらいは雑巾で拭いて汚れを落とすと良いです。

      バケツを近くに置いて、雑巾が汚れた時はそのバケツで汚れを落とすと効率的です。また、お風呂のリフォームはそれなりにお金がかかります。
      一括で払うのがきついと感じた時は、ローンにして毎月に一定額を支払うようにすると便利です。

      日本経済新聞について知りたいならこちらです。